2015年4月25日土曜日

レディ ドリン


シプリペディウム‘レディ ドリン’ Cypripedium 'Lady Dorine'
敦盛草(中国産ファスキオラツム)と台湾熊谷草のハイブリッド。
(Cyp.fasciolatum x Cyp.formosanum)
こんな交配、誰が考えたんだろう…。
ファスキオと台熊の交配…何が目的?(笑)
熊谷草って、袋の部分(前方中央)が指で押した様に凹んでるでしょ。
凹みのない丸くて綺麗な敦盛と交配しちゃうと花はどうなる?
画像検索してみると綺麗な子や「?????」と思える子の画像。
そんな興味深い交配種、開花しました。





以下、私の個人的な感想(独り言)です。

台湾熊谷草の様な花色の綺麗さは無い。
ファスキオラツムの大きさ&袋の美しさも無い。

両者(親)のいい所が交配に依って無くなってます。
原種以上に地味…。

参考までに、昔咲いたファスキオの画像載せておきます。



4 件のコメント:

  1. 中台融合面白みが無い(・・?

    ・・・にしても膨れたお腹の中が見たい~^m^

    返信削除
    返信
    1. 花形とかは変わってますが、色がねぇ…。
      膨れたお腹の中は空気だけです。

      削除
  2. 美しさ的にはビミョーかもしれませんが画期的ですよ。雑種強勢でアツモリより強そうですし。
    こういうヘンテコな交配大好きです(笑)。次はパフィオとの交配に挑戦してほしいです。

    返信削除
    返信
    1. 見慣れたせいか結構渋くていい感じ(笑)

      削除